よくある一般的なQ&A記事一覧

子宮内膜症はどんな病気ですか?子宮内膜症とは、子宮内膜あるいは子宮内膜類似組織が、子宮内腔、体部筋層以外の部位で、増殖し発育する病気です。その好発部位は、卵巣、子宮漿膜、ダグラス窩、仙骨子宮靭帯など骨盤内に多くみられます。時には、腹壁、膣壁、臍などの腹膜外に発症する場合もあります。本来、子宮内では月...

子宮内膜症はどんな症状がありますか?子宮内膜症の症状で一番多いものは、月経痛、下腹部痛、腰痛です。他にも、肛門痛、排便痛、背部痛を訴える方も多いです。また、嘔気・嘔吐、頭痛、下痢・便秘、頻尿、微熱や、性交痛、過多月経、不正出血など、その症状は多岐にわたります。さらに、子宮内膜症の発症部位によっては、...

薬による子宮内膜症の治療法にはどんなものがありますか?子宮内膜症の薬物治療による治療には、偽閉経療法や低用量ピル、黄体ホルモン療法があります。1、偽閉経療法@ GnRHa療法偽閉経療法とは、女性ホルモンの働きを抑えて、閉経と同じ状態にすることです。つまり、月経がなくなると、月経痛がなくなり、また、無...

手術による子宮内膜症の治療法にはどんなものがありますか?手術による子宮内膜症の治療法ですが、以前は、開腹手術により、病巣の切除、または、子宮・卵巣の摘出を行っていましたが、近年では、入院期間が短く、身体への負担が少ない、腹腔鏡下手術が主流になっています。@保存手術子宮・卵巣を温存する手術法です。手術...

子宮内膜症が原因で不妊症になることはありますか?子宮内膜症により卵管・卵巣、子宮の癒着がおこると不妊症の原因となります。また、子宮内膜症によるチョコレート嚢腫もその原因の1つです。最近では、癒着だけでなく、子宮内膜症自体が、不妊症の原因となることが明らかになっています。この子宮内膜症による不妊症は増...

偽閉経療法はどんな治療法?副作用はありますか?偽閉経療法とは、子宮内膜症の薬物治療で、エストロゲンの分泌を低下させる、最も治療効果の高い方法です。このGnRHaは、GnRH誘導体製剤と呼ばれ、黄体化(黄体刺激)ホルモン「LH」と卵胞(濾胞)刺激ホルモン「FSH」の分泌を抑制し、その結果、女性ホルモン...

低用量ピルはどんな治療法?副作用はありますか?子宮内膜症の第1選択薬と言える、低用量ピル療法。低用量ピルは、元来、避妊用ピルとして作られました。しかし、避妊以外の効果=副作用が注目され、今では、低用量ピルが子宮内膜症の治療薬として、適応をもつようになりました。低用量ピルは、ごく少量の卵胞ホルモン(エ...

黄体ホルモン療法はどんな治療法?副作用はありますか?黄体ホルモン療法は子宮内膜症の治療法の1つです。黄体ホルモンは、女性ホルモンの1つである卵胞ホルモンの分泌を抑えることで、排卵を停止させ、さらには、子宮内内膜症の病巣に直接作用し、縮小させる効果を持っています。子宮内膜症の薬物療法において、効果の強...

子宮内膜症は、再発する病気ですか?子宮内膜症は、治療を止めてしまったり、または一旦治っても、出産後には再発する病気です。ただ、ガンなどの病気と異なり、命にかかわるという場合は少ないですが、治療を行わないと、閉経するまで痛みと戦わなければなりません。子宮内膜症による月経痛、排卵痛、性交痛などは鎮痛剤で...

子宮内膜症を治療せず放っておくとどうなりますか?子宮内膜症は、徐々に進行していく病気です。治療をせずほ放っておくと、生理が起こる度に悪くなっていきます。重症化すると、卵管や卵巣が子宮内膜症の病巣と癒着し、不妊症になります。ひどい癒着が見られた場合には、手術しなければなりません。また、子宮内膜症の合併...

子宮内膜症を治療するために、食べ物に目を向けることこそが真の改善策です。もし、そのことに気づいているのであればそれは素晴らしことで、完治までの距離は一気に縮まるといえます。というのも、子宮内膜症の治療といえば、とかく薬物療法が中心で、場合によっては本来必要としない手術まで安全を期すという名目で施され...

子宮内膜症からくる性交痛は、低容量ピルで改善しますか?子宮内膜症からくる性交痛の原因は、2つあります。子宮内膜症の病変が、ダグラス窩にできている場合、性交痛がみられます。また、子宮が他の臓器と癒着を起こしている場合です。ひどい子宮内膜症では、病巣を切除したり、低用量ピルなどの薬物治療により、病巣の縮...