子宮内膜症はどんな症状がありますか?

子宮内膜症はどんな症状がありますか?

 

子宮内膜症の症状で一番多いものは、月経痛、下腹部痛、腰痛です。
他にも、肛門痛、排便痛、背部痛を訴える方も多いです。

 

また、嘔気・嘔吐、頭痛、下痢・便秘、頻尿、微熱や、
性交痛、過多月経、不正出血など、その症状は多岐にわたります。

 

さらに、子宮内膜症の発症部位によっては、
消化管では下血、尿路系では血尿、肺では血痰、
胸膜では月経随伴性気胸などがみられます。

 

これらの症状により、肉体的な苦痛だけでなく、
家庭内や職場での人間関係にも支障をきたす場合も多く、
心身ともに、生活が障害される可能性をもっています。

 

 

子宮内膜症はどんな症状がありますか?関連ページ

どんな病気ですか?
10代〜20代で発症するケースも多くなっている子宮内膜症。ところで子宮内膜症はどんな病気なのでしょうか?
薬による治療法
子宮内膜症の薬物治療による治療には、大きく分けて、偽閉経療法、低用量ピル、黄体ホルモン療法があります。それぞれについて詳しくご紹介しています。
手術はどんな方法?
子宮内膜症の手術は、以前は開腹手術が一般的でしたが、近年では、腹腔鏡下手術が主流になっています。それぞれの手術の内容についてご紹介しています。
不妊症との関係
最近では若い女性にも増えてきた子宮内膜症。不妊症との関係も気になるところ。子宮内膜症が原因で不妊症になることはあるのでしょうか?
偽閉経療法と副作用
子宮内膜症の薬物治療で、最も治療効果の高い方法と言われている偽閉経療法。偽閉経療法はどんな治療法で副作用はあるのでしょうか?
低用量ピルと副作用
子宮内膜症の第1選択薬と言える、低用量ピル療法。低用量ピルはどんな治療法で、副作用はあるのでしょうか?
黄体ホルモン療法と副作用
子宮内膜症の治療法の1つが黄体ホルモン療法。偽閉経療法や低用量ピルとどんな違いがあるのか?また黄体ホルモン療法の副作用はないのでしょうか?
子宮内膜症は再発する?
若い女性にも増えてきた子宮内膜症。治療して一旦治ったとしても、もし再発する病気だと厄介。子宮内膜症は再発する病気なのでしょうか?
放置するとどうなる?
子宮内膜症は、徐々に進行していく病気。治療しないで放置しておくとどうなりますか?
食事・食べ物について
子宮内膜症は、できることなら薬物治療や手術はしたくありません。子宮内膜症を改善する食事とか避けた方がいい食べ物はあるのでしょうか?
低容量ピルの性交痛効果
子宮内膜症の症状で多い性交痛は。低容量ピルの服用で子宮内膜症からくる性交痛は改善しますか?