手術による子宮内膜症の治療法とは?

手術による子宮内膜症の治療法にはどんなものがありますか?

 

手術による子宮内膜症の治療法ですが、
以前は、開腹手術により、
病巣の切除、または、子宮・卵巣の摘出を行っていましたが、
近年では、入院期間が短く、身体への負担が少ない、
腹腔鏡下手術が主流になっています。

 

@保存手術
子宮・卵巣を温存する手術法です。手術では、子宮内膜症の病巣のみを切除します。チョコレート嚢腫がある場合は、患部のみを切除するか、腫脹がひどい場合は、片方の卵巣を摘出する場合があります。

 

A根治手術
子宮と卵巣を全摘出する手術です。この根治手術は基本的に、妊娠を望まない場合、閉経まで、残り2〜3年の場合です。欧米では、子宮と子宮内膜症病巣を切除し、卵巣が正常であれば、温存する方法が多いです。

 

ただ、この手術が、
1、不妊症治療のため
2、痛みを取り除くため
3、卵巣腫瘍の治療のため
により、手術の基本的な考え方が異なってきます。

 

手術による子宮内膜症の治療法については、まず、しっかりと主治医話し合うことが一番重要になります。子宮内膜症なので、必ずしも手術の適応になるとは限りません。

 

手術の適応となる場合を以下に示します。
・腫瘍マーカーの数値が高く、悪性腫瘍の可能性がある場合
・チョコレート嚢腫が大きい、又は、増大している場合
・薬物治療での効果が不十分な場合
・妊娠を希望し、かつ、卵巣嚢腫が大きく、子宮腺筋症がある場合
などです。

手術による子宮内膜症の治療法にはどんなものがありますか?関連ページ

どんな病気ですか?
10代〜20代で発症するケースも多くなっている子宮内膜症。ところで子宮内膜症はどんな病気なのでしょうか?
どんな症状があるの?
子宮内膜症の症状は多岐にわたります。また発症部位によっても違いがあります。子宮内膜症はどんな症状があるのでしょうか?
薬による治療法
子宮内膜症の薬物治療による治療には、大きく分けて、偽閉経療法、低用量ピル、黄体ホルモン療法があります。それぞれについて詳しくご紹介しています。
不妊症との関係
最近では若い女性にも増えてきた子宮内膜症。不妊症との関係も気になるところ。子宮内膜症が原因で不妊症になることはあるのでしょうか?
偽閉経療法と副作用
子宮内膜症の薬物治療で、最も治療効果の高い方法と言われている偽閉経療法。偽閉経療法はどんな治療法で副作用はあるのでしょうか?
低用量ピルと副作用
子宮内膜症の第1選択薬と言える、低用量ピル療法。低用量ピルはどんな治療法で、副作用はあるのでしょうか?
黄体ホルモン療法と副作用
子宮内膜症の治療法の1つが黄体ホルモン療法。偽閉経療法や低用量ピルとどんな違いがあるのか?また黄体ホルモン療法の副作用はないのでしょうか?
子宮内膜症は再発する?
若い女性にも増えてきた子宮内膜症。治療して一旦治ったとしても、もし再発する病気だと厄介。子宮内膜症は再発する病気なのでしょうか?
放置するとどうなる?
子宮内膜症は、徐々に進行していく病気。治療しないで放置しておくとどうなりますか?
食事・食べ物について
子宮内膜症は、できることなら薬物治療や手術はしたくありません。子宮内膜症を改善する食事とか避けた方がいい食べ物はあるのでしょうか?
低容量ピルの性交痛効果
子宮内膜症の症状で多い性交痛は。低容量ピルの服用で子宮内膜症からくる性交痛は改善しますか?