子宮内膜症を改善する食事とか避けた方がいい食べ物はありますか?

子宮内膜症を治療するために、食べ物に目を向けることこそが真の改善策です。もし、そのことに気づいているのであればそれは素晴らしことで、完治までの距離は一気に縮まるといえます。

 

薬物療法

というのも、子宮内膜症の治療といえば、とかく薬物療法が中心で、場合によっては本来必要としない手術まで安全を期すという名目で施されることがあります。しかし、薬も手術も『今、起きている症状をおさえる』だけの、いわゆる対処療法に他なりません。根本原因にアプローチするものではありません。

 

食事の重要性は改めて言うまでもありませんが、だからと言って、
なぜ子宮内膜症の改善にとっても重要な要素となるのか?

 

それは、人間にとっての食べ物の位置付けを考えれば、おのずとわかります。食べたものが身体を形作っている、このことは誰も否定できませんよね。

 

体を構成するひとつひとつの細胞も食べたものの結果ですから、何を食べるかによって細胞の質が変わってくることも否定できません。病気はすべてこの細胞におけるなんらかの原因で発生するものですが、子宮内膜症も細胞レベルで起きる異常によって発症します。だからこそ、普段、摂取する食べ物が大事なのですが、近年、医療の現場でも体のベースとなる細胞に大きな影響をあたえる栄養学の考え方が重要視されています。

 

特に子宮内膜症をはじめ、子宮筋腫、卵巣のう腫、子宮線筋症といった婦人病は、普段の食べ物との因果関係が深いと考えられています。エストロゲンなど女性ホルモンのバランスにも食事が大切な役割をもっています。だとすれば、普段口にするものによって、子宮内膜症が良くもなれば悪くもなるということです。

 

婦人科では教えてくれない食事療法とは?

ただ、子宮内膜症の改善に良い食べ物、その逆の良くない食べ物という情報はあまり出回っていません。もちろん、一般的に体に良いもの、避けたほうが良いものは書籍やネット上でも探せば見つかります。でも、子宮内膜症に特化したものでなければ意味がありません。それに、遠回りせず、貴重な時間を無駄にしないためには、すでに実証された情報を手にする必要があります。

 

しかし、残念ながらほとんどの婦人科では食事のアドバイスなどはしてくれません。それは栄養学に詳しい先生がいないからです。医師免許を取得するまでに深堀りして勉強する必要がない学問なので、アドバイスしようにもできないというのが実状です。

 

しかし、今やがんの治療に食事療法が使われるほど食事の重要性は認知されてきています。有効な食べ物は積極的に摂り、よくない食べ物は摂らないようにすることの重要度は高まっていて、これまで当たり前と思われてきた薬や外科手術に代わって、食べ物を見直すことで根本原因にアプローチする治療法が確立されてきています。もちろん子宮内膜症にも同じように確立された食事療法があります。

 

先程、薬や手術といった西洋医学は対症療法と言いましたが、緊急性を要する場合には西洋医学は絶大な威力を発揮します。子宮内膜症においても緊急を要する場合には、西洋医学の助けを借りないといけません。

 

しかし、多くの場合、子宮内膜症は即、命に関わることではありません。ですから、時間をかけて自然治癒させる方法をとることができます。また子宮内膜症は一旦治ったとしても再発する病です。ですから、根本原因を排除して、病の元を体に巣食わせないようにするのが何よりも大切です。

 

その意味で、「命を作る」ともいうべき重大な使命を持つ食事に目を向けるのは何よりの根本治療です。

 

食事療法と言っても、難しかったり、食事制限のような辛いものではありません。子宮内膜症に良くないものはなるべく摂らない、改善に効果のあるものをなるべく摂るようにする、これだけです。せっかく『食べ物』に目を向けたのであれば、実績のある手法を参考にして、普段の食生活の改善に取り組み一日でも早く改善してほしいと思います。

 

婦人科では教えてくれない子宮内膜症の食事療法の詳細

 

 

よく耳にするQ&Aでは、以下のようなことが言われていますが、具体性を欠くだけでなく、情報の一端にすぎません。やはり、実証データに基づいた子宮内膜症を改善する方法に触れるのが近道です。

 

子宮内膜症を改善する食事とか避けた方がいい食べ物はありますか?

食物繊維は、エストロゲンを吸収しますので、
食事には取り入れるようにしましょう。

 

ビタミンBとビタミンEは、肝臓の働きをよくしますが、
肝臓の働きがよくなるとエストロゲンのレベルがさがりますので、
子宮内膜症には効果的です。

 

大豆には、植物性エストロゲン=バイオフラボノイドが含まれています。
体内で生成されるエストロゲンに比べ、1/何万倍の効果ですが、
このバイオフラボノイドが、体内のエストロゲンが結合する受容体(レセプター)に
結合することにより、子宮内膜症の病巣の増殖が抑えられます。

 

これとは反対に、
動物性脂肪を多く摂取すると、エストロゲンを増加させるため、
脂分の多い食事は避けるようにしましょう。

子宮内膜症を改善する食事とか避けた方がいい食べ物はありますか?関連ページ

どんな病気ですか?
10代〜20代で発症するケースも多くなっている子宮内膜症。ところで子宮内膜症はどんな病気なのでしょうか?
どんな症状があるの?
子宮内膜症の症状は多岐にわたります。また発症部位によっても違いがあります。子宮内膜症はどんな症状があるのでしょうか?
薬による治療法
子宮内膜症の薬物治療による治療には、大きく分けて、偽閉経療法、低用量ピル、黄体ホルモン療法があります。それぞれについて詳しくご紹介しています。
手術はどんな方法?
子宮内膜症の手術は、以前は開腹手術が一般的でしたが、近年では、腹腔鏡下手術が主流になっています。それぞれの手術の内容についてご紹介しています。
不妊症との関係
最近では若い女性にも増えてきた子宮内膜症。不妊症との関係も気になるところ。子宮内膜症が原因で不妊症になることはあるのでしょうか?
偽閉経療法と副作用
子宮内膜症の薬物治療で、最も治療効果の高い方法と言われている偽閉経療法。偽閉経療法はどんな治療法で副作用はあるのでしょうか?
低用量ピルと副作用
子宮内膜症の第1選択薬と言える、低用量ピル療法。低用量ピルはどんな治療法で、副作用はあるのでしょうか?
黄体ホルモン療法と副作用
子宮内膜症の治療法の1つが黄体ホルモン療法。偽閉経療法や低用量ピルとどんな違いがあるのか?また黄体ホルモン療法の副作用はないのでしょうか?
子宮内膜症は再発する?
若い女性にも増えてきた子宮内膜症。治療して一旦治ったとしても、もし再発する病気だと厄介。子宮内膜症は再発する病気なのでしょうか?
放置するとどうなる?
子宮内膜症は、徐々に進行していく病気。治療しないで放置しておくとどうなりますか?
低容量ピルの性交痛効果
子宮内膜症の症状で多い性交痛は。低容量ピルの服用で子宮内膜症からくる性交痛は改善しますか?